料金表・サービス内容

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

相続トラブルの弁護士費用

「弁護士に相談すると、費用が高くなりそう…」

「弁護士に相談するということは、つまり、裁判をするってこと?」

こういった疑問や不安を抱えている方もいらっしゃると思います。

 

確かに、弁護士というのは一般的に“敷居が高い”というイメージを持たれている方もいらっしゃると思います。

だからこそ、費用が高くなってしまうのでは…?と心配になるのでしょう。

しかし、それは一昔前のイメージです。

 

弁護士に相談することで、法律に則った正当な主張をすることが出来ます。

これにより、得られる遺産の額に、数百万~数千万円の違いが出てくることも、珍しくありません。

得られるものと比べると、弁護士費用は本当に微々たるものと言えます。

 

私も、あなたにとってメリットがないのであれば、ご依頼頂く意味が無いと考えております。

いわゆる費用倒れ(弁護士費用のほうが高くなってしまい、損してしまうこと)になりそうな場合には、前もって私からお伝えさせていただきますので、ご安心ください。

 

また、弁護士に相談したからと言って、即裁判になるわけではありません。

実際はその逆で、弁護士に相談することで避けられる裁判もたくさんあります。

実際には、当人同士だけで話し合ってしまい、感情的になり、引くに引けなくなって裁判になってしまう、というケースのほうが多いのです。

早めに弁護士に相談し、法的にも正しい手順で進めたほうが、トラブルが大きくなってしまうことを未然に防げるのです。

実際、当事務所のお客さまからも

「適正な遺産を受け取ることができて、助かりました」

「代わりに話合いをしてくれて、気持ちが楽になりました」

「親身に話を聞いてくれて、とても安心しました」と言った声をいただいております。

相続でお悩みなら、まずは無料相談にお越しください。


このサービスには、以下に示す内容が全て含まれています。

つまりあなたは、このサービスをお申し込みいただくことで、今抱えている相続の悩みから解放され、あなたのご希望を叶え、円満相続を実現できる、ということです。

 

相談料

初回相談無料(60分)

2回目以降のご相談…30分5,000円(税込:5,500円)

 

調査メニュー

相続調査パック

10万円(税込:11万円)

 

サービス内容

相続人調査 + 相続財産調査 + 公正証書遺言の存否の調査を行います。

 

相続人調査

5万円(税込:5.5万円)

 

サービス内容

● 故人の戸籍収集代行

● 相続関係説明図の作成

● 相続人が存命か確認

● 代襲相続人の調査

● 面識のない相続人の調査

● 遠方在住の相続人の調査

 

相続財産調査

5万円(税込:5.5万円)

 

サービス内容

● 名寄帳の取り寄せ(代行には委任状が必要)

● 不動産の登記・評価情報調査

● 不動産の評価(不動産会社などに依頼する場合、別途費用がかかります)

● 預貯金の調査(過去3年~10年)

● 銀行・信金への残高照会代行

● 上場株式・投資信託の有無の照会

● 証券会社への照会

● 保険の存在調査(被相続人が受取人である保険)

● 相続財産目録の作成

 

遺産分割

着手金

ご契約時にお支払いいただく金額です。

交渉 20万円
(税込:22万円)

※交渉から調停に移行する場合は差額のみ発生します。
(例:交渉をご依頼いただいているご依頼者様から引き続き調停をご依頼いただく場合、差額の10万円のみいただきます。)

調停 30万円
(税込:33万円)
報酬金
解決時にお支払いいただく金額です。
取得金300万円以下 16%
(税込:17.6%)
※最低報酬金額は40万円 です。
取得300万円超~3,000万円 10%+18万円
(税込:11%+19万8000円)
3,000万円超~3億円以下 6%+138万円
(税込:6.6%+151万8000円)
3億円を超える場合 4%+738万円
(税込:4.4%+811万8000円)

 

遺留分

請求側

着手金

ご契約時にお支払いいただく金額です。

交渉 20万円
(税込:22万円)

※交渉から調停・訴訟に移行する場合は差額のみ発生します。
(例:交渉をご依頼いただいているご依頼者様から引き続き調停・訴訟をご依頼いただく場合、差額の10万円のみいただきます。)

調停 30万円
(税込:33万円)
報酬金
解決時にお支払いいただく金額です。
取得金300万円以下 16%
(税込:17.6%)
※最低報酬金額は40万円 です。
取得300万円超~3,000万円 10%+18万円
(税込:11%+19万8000円)
3,000万円超~3億円以下 6%+138万円
(税込:6.6%+151万8000円)
3億円を超える場合 4%+738万円
(税込:4.4%+811万8000円)

 

被請求側

遺留分侵害額請求をされている方は、事案ごとにお見積を作成させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

 

遺言

遺言作成コンサルティングサービス

遺産の価額が2,000万円未満 15万円
(税込:16.5万円)
遺産の価額が2,000万円~4,000万円未満 20万円
(税込:22万円)
遺産の価額が4,000万円~6,000万円未満 25万円
(税込:27.5万円)
遺産の価額が6,000万円~8,000万円未満 30万円
(税込:33万円)
遺産の価額が8,000万円~1億円未満 35万円
(税込:38.5万円)
1億円以上 要見積

サービス内容

遺言コンサルティングサポートとは、お客様の現状や希望を把握し、遺言内容のアドバイスや提案、実際の作成手続も実施するサポートです。

「遺言の内容について、相続トラブルを多く見てきた弁護士からアドバイスが欲しい」

「自分の家族や親族の状況に最適な遺言書を弁護士に作ってほしい」

「家族が相続トラブルにならないような遺言書を作ってほしい」

といった方におすすめのサポートです。

遺言書作成の代行だけをするということではなく、弁護士がご家族の状況や財産の状況、さらに過去の相続トラブルの事例等も考慮したうえで、相談者様に最適な遺言書の内容を提案させていただきます。

 

具体的なサポート内容

① 相談者の現状や希望、目的の把握

② 相続人・財産調査(戸籍謄本等の取得・確認、不動産登記事項証明書と固定資産評価証明書の取得、路線価等の確認)

➂ 各種生前対策の検討(検討した上で「遺言」が最適な場合に実施)

④ 遺言内容のアドバイスや提案

⑤ 相談者が希望する手続に関連する注意点や手法などを資料化して提案(企画書にて提示)

⑥ 予備的遺言や付言事項を確認

⑦ 遺言作成に必要な手間を全て代行

⑧ 遺言書の作成

 

 

遺言執行

20万円+金融機関法人数×3万円+遺産評価額の3%

(税込:22万円++金融機関法人数×3.3万円+遺産評価額の3.3%)

執筆者情報

菅野亮
菅野亮
当サイトでは、相続問題にまつわるお悩みに対して、弁護士の視点で解説をしています。北海道札幌市で、「迅速な解決」を大切に代理人として事件の解決に向けて取り組んでいます。
初回相談は無料でお受けしておりますので、お悩みの方は、お一人で抱え込まず、ぜひ一度相続に注力する弁護士にご相談ください。
|当事務所の弁護士紹介はこちら
011-209-0200 メールでのご予約 LINEでのご予約

相談受付:9:00~17:00

電話受付:9:00~17:00

失敗しない弁護士の選び方
お客様の声
解決事例