弁護士紹介

はじめまして。
すがの総合法律事務所の代表、菅野亮と申します。

私は、数ある弁護士業務の中でも、特に相続のサポートに力を入れております。
これには、実は理由があるのです。

キッカケは、とあるお客様に出会ったことにありました。

自分の取り分を諦めてしまった方の事例

以前、とある方に、相続のご相談を受けました。
(この方を、仮にKさんとします)

Kさんは、ことの成り行きで、相続に際して、兄弟に「遺産を請求しません」といった内容の念書を書かされてしまった、とのことでした。
この段階で相談に来られたのですが、書面として「遺産を請求しません」という念書が残ってしまっている以上、この結果を覆すことができませんでした。

結果的にKさんは、遺産をいっさい受け取ることができなかったのです。
そしてこの影響は、遺産額だけに及んだのではなく、他の面にも及んでしまったのです。
Kさんは、この出来事がキッカケで、兄弟との中がギクシャクしてしまったそうです。

それまではとても仲良しだったご兄弟が、相続を通じて、仲が悪くなってしまう。
これは、Kさんに限らず、多くのご家族で見られることです。
最悪の場合、相続がキッカケで、仲違いしてしまうようなケースもあります。

こういったトラブルを防ぎ、家族の絆を失ってほしくない。
相続人が、全員満足して、笑顔でいられるようにしたい。

こういう思いで、日々サポートさせていただいております。

 

法律面はもちろん大事。しかし、それだけでは不十分なのです。

私は、これまでに多くのご相談を受けてきた中で、気付いたことがあります。

それは、相続のお悩み解決のためには、法律面の知識だけでは不十分だ、ということです。

確かに、法律面の知識は必要不可欠です。
「正当に受け取れる金額はいくらなのか?」
「相手のこの主張は正しいのか?間違っているのか?」
こういった判断をするためには、法律面の知識は欠かせません。

しかし、相続の場合、これだけでは不十分なのです
相続には、必ずと言っていいほど、感情が絡みます。

「私が親の面倒を見ていたのだから、取り分が多くて当然だ」
「相手には、自分の気持ちなんて分からない」

こういった感情面が入り込みます。

この場合、法律論だけをかざして解決することも、確かに可能です。
正論を言い続けて、相手を論破することも、不可能ではないでしょう。

しかし、それは本当の意味で、円満相続と言えるのでしょうか?
誰かが勝ち、誰かが負けになる。
その結果、家族の絆が失われてしまっては、意味がないと思うのです。

 

相続は、勝負ではないのです

私は、「相続は、勝負ではない」と考えています。
勝ち負けではないのです。

「相続人全員が納得でき、禍根を残すことなく、円満な相続を実現すること」

これを実現するには、法律面だけでなく、感情面にも配慮することが大切だと感じています。
法律面と感情面、その両方を土台として、日々お客様をサポートしております。

相続でお悩みなら、まずはぜひ、無料相談にお越しください。
あなたに合った、最適な解決策が、きっと見つかります。
そのサポートをさせて頂けたら、これほど光栄な事はありません。

あなたとお会いできることを、心から願っております。

 

すがの総合法律事務所 代表   菅野亮

 

代表プロフィール

ご相談者からじっくりとお話し・ご意見を聞くことを心がけています。
弁護士が一方的に話してしまうと、ご相談者が本当に悩んでいることを見逃してしまい、問題の解決にはならないからです。

また、法律的なアドバイスはもちろんですが、ご相談者に「安心」していただき、「勇気」を奮い起こしてもらえるように日々の業務に励んでいます。
「相談してよかった」と感じていただけるように、解決に向けて一人一人のご相談者をしっかりとサポートいたします。

 

経歴

▼2008年
弁護士登録 札幌市内の法律事務所に勤務

▼2013年
すがの総合法律事務所を設立

学歴

▼2004年
東北大学法学部 卒業

▼2007年
一橋大学法科大学院 卒業

趣味 ゴルフ
犬の散歩
好きな本 翔ぶが如く(司馬遼太郎 著)
好きな言葉 「大事なことは、真実を愛する魂、真実を見出したらそれを摂取するだけの魂を持っていることだ」
仕事にやりがいを感じる瞬間 ご相談者から「相談できてほっとしました。」との感想を頂けた時。
出身 山形県
血液型 B型

 

011-209-0200 メールでのご予約 LINEでのご予約

相談受付:9:00~17:00

電話受付:9:00~17:00